株式会社保健科学東日本は、埼玉県鴻巣市に本社がある企業です。
医療・保健分野において、様々な事業へ取り組んでいます。
主に医療機関向けの事業ですが、名前をご存じの方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

保健科学東日本が手掛けている事業で、特に中心的事業となっているのが各種臨床検査の受託業務です。
臨床検査とは、病院などの医療機関で採取した血液や細胞の状態を調べる検査で、患者の状態を知る重要な検査になっています。
しかし、医療機関では設備の関係上、実施できる臨床検査が限られていることもあり、正しい検査結果を得るためにも、一部の医療機関を除いて外部へ委託するのが一般的です。

保健科学東日本は、このような臨床検査の受託業務を行っています。
ただし、受託している臨床検査の種類は多く、尿などを検査する一般検査、細菌から病原菌を特定する細菌検査、免疫検査や血液額検査など、非常に多岐に渡ります。
ほとんどの臨床検査を受託しているのが特徴で、様々な医療機関から受託した検体を日々検査しており、実績も豊富にあります。

臨床検査のリスク回避の視点から、集団検診事業も手掛けています。
集団検診は各種事業所・学校、イベントなど、様々な業態向けにサービスを提供しています。
検便・検尿など複数の検査を保健科学東日本が直接実施しており、容器の配布・検査・報告などがワンストップサービスになっています。

また、工場や事業所向けの水質検査も行っています。
保健科学東日本は、厚生労働大臣の水質検査期間、埼玉県より建築物飲料水水質検査業・計量証明事業者の認定を受けているのが特徴です。
例えば飲料水やプール・公衆浴場の水質検査、冷却水・排水など工業向けの検査など、業態に合わせた様々な検査を実施しています。

健康管理・健康増進に関してのコンサルティング業も行っています。
健康にまつわるコンサルティングというのは、かなり珍しい事業ではないでしょうか。
主に医療機関へ向け、様々なアドバイスや指導などのコンサルティング業務を実施しています。

他にも医療機器や介護機器の製造・販売、販売や賃貸なども手掛けています。
保健科学東日本が製造した機器などは全国の医療現場・介護現場で使用されています。

保健科学東日本は医療だけではなく、託児所・保育所の運営なども行っており、医療・福祉分野では非常に多くの事業を手掛けています。
医療菅家としては非常に珍しい、幅広い事業を手掛けている企業と言っても良いでしょう。

 

株式会社保健科学東日本の環境への取り組み

 

医療関係の検査業務を行っている株式会社保健科学東日本では、環境に配慮した企業活動をモットーとしています。
医療や福祉の分野に携わる企業として、ずっとこの地球の環境を守り、安心して暮らすことのできる環境を保護していこうとする意気込みが込められています。
では、具体的にどのような取り組みを行っているのでしょうか?

まず挙げられるのが、廃棄物の適正管理です。
検査業務で使用した試薬や検体など、日々企業活動をすることによって多くの廃棄物が発生します。
これら廃棄物は医療廃棄物であり、不適切な廃棄や管理を行った場合、環境や健康に影響を及ぼすことも考えられます。
そのようなことがないよう、厳正な管理を行い、適切に処理しているのです。
もちろん、そもそもの廃棄物の減量などにも努めており、環境への負荷が少なくなるよう努めていることがうかがえます。

また、従業員に対する啓発や意識の共有も積極的に行っているようです。
環境教育を職場の中で推進することで、自然とリサイクル意識や環境を守る意識が芽生えます。
そうした取り組みが積み重なることによって、より環境保護につながる取り組みを実現できるのでしょう。
このほか、法令順守や目標設定、省エネルギーなど、各種取り組みを推進しています。
こうした環境を守る姿勢は、医療や福祉を扱う企業として、安心できるものといえるでしょう。

そもそも保健科学東日本はどのような事業を行っている会社なのでしょうか?
まず基軸となる事業は、医療機関からの依頼を受けて検体を検査する事業です。
かかりつけのお医者さんに受診したときや健康診断を受けたときなど、尿検査や血液検査を受けることがあります。
そうした検体は医療機関の中で検査されるのではなく、この保健科学東日本のような検査機関に送られ、細かい検査を受けることになるのです。
そうして尿や血液中の成分や病原体などを検査し、その結果を正しく医療機関に回答することによって、適切な医療を提供することができるのです。

そういった意味では、まさに保健科学東日本は現代の医療制度を支える検査役ということができますね。
上記のように環境に対する取り組みも積極的に行っており、CSR、企業の社会への責任を全うしようという姿勢が強く感じられるものとなっています。
医療や福祉というものは、何よりも「安心」、「安全」が最優先されるべきもの。
今後もこれら取り組みを継続し、さらなる安心を届けていくべきですね。